ハンドピュレナは妊娠中・授乳中でも使用可能?

ハンドピュレナは妊娠中・授乳中でも使用可能?

ハンドピュレナは口に入れるものではないので妊娠中や授乳中でも大丈夫だろう!と思う方が見えますが、これは本当でしょうか?

 

 

妊娠中や授乳中(特に授乳中の場合)は体に塗るものについては、使用できるものとできないものがあります。

 

 

ここでは、本当にハンドピュレナが妊娠中と授乳中にも使えるのか確認してみました。

 

 

ハンドピュレナは妊娠中でも使える?

 

まずは、お腹の中に赤ちゃんがいる時にはハンドピュレナが使用出来るのか確認してみました。

 

 

赤ちゃん、新しい命ですよね!これは絶対に間違えてはいけないと思い北の快適工房に電話をかけて妊娠中にも使えるのか確認してみました。

 

 

すると、とても元気よく「はい!妊娠中でも赤ちゃんに影響のある成分は入っておりませんので安心してお使いいただけます!」との回答をいただけました!

 

 

ハンドピュレナは授乳中でも使える?

 

もう1つ、授乳中についても確認してみました。

 

 

私も経験があるのですが、授乳中って自分の血液を赤ちゃんに与えているからか何か肌の調子が悪いことが多いんですよね。水分を多く持っていかれるからでしょうか?いつもよりも肌が乾燥気味だった覚えがあります。

 

 

ただ、それよりも夜中の授乳で眠くて眠くて、肌の乾燥のことなどかまっていられないのでそのまま放置していましたが・・・。

 

 

こちらも電話で確認してみた所、授乳中でも赤ちゃんに影響を及ぼすような成分は入っていないので使ってOKとのことでした。

 

 

つまり、ハンドピュレナについては妊娠中や授乳中などの体がデリケートな時でも使えるハンドクリームだということがわかりました。

 

 

不安な時には医師に相談

 

しかし、発売元が「大丈夫です」と言ってくれても、妊娠する前から肌が弱くて妊娠したら自分の肌質が更に敏感になってしまったいう人も実際にいます。

 

 

私も、妊娠する前は普通肌であまり肌の悩みはありませんでしたが、妊娠してからはアレルギー体質になってしまいましたし、授乳中にはいつも使っていた化粧水が合わずに肌が赤くなってしまったという経験があります。

 

 

だから、元から肌が弱い方だと本当に心配だと思うんです。

 

 

そんな時には、ちゃんとかかりつけの産婦人科に行ってハンドピュレナを使っても良いのか医師に確認してから使うようにしてください。

 

 

こんな時には使用NG!!

 

これは、あまり手には出来にくいことですが、妊娠中は妊娠初期から後期にかけて痒みをともなう湿疹が出る場合があります。

 

 

例えば、妊娠初期だと妊娠性痒疹、中期だと妊娠性疱疹や妊娠性皮膚掻痒症、後期にはPUPPPという湿疹があり、どれも痒みを伴い、時には痛みがある場合もあります。

 

 

この湿疹については、多くの場合お腹や足・腕などにできるものですが、万が一このような湿疹が手にできてしまった場合には、まずはこの湿疹を治療して、医師がハンドピュレナの使用を許可してから使うようにしましょう。

page top